ハーブケアで頭痛を改善

ほてり、のぼせ、頭痛、疲労感
不定愁訴をケアする、タイハーブ活用術

◎ハーブは不定愁訴にピッタリ

最近はハードワークや人間関係によるストレスなどが原因で、30代、40代の女性にも、更年期障害と同じ症状がみられることがあります。更年期障害の代表的な症状が不定愁訴です。ほてり、ホットフラッシュ(とつぜん大汗をかくほどからだが熱くなる症状)、不安感、憂うつ感、不眠、イライラなど、その症状は人によってさまざま。

こうした症状を和らげるのに、ハーブを試してみてはどうでしょうか。
レモングラス、ショウガ、シナモン、ガジュツ、こぶみかんの皮など、
タイハーブには昔からさまざまな効用が知られていますが、
どれも効き目が穏やかで、不定愁訴のような症状にはピッタリです。